M is for ...

Mで始まる色々なこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

℃-ute楽曲大賞2006-2017のこと。 #C_ute楽曲大賞

楽曲部門
1位 As ONE 3.0
東京は寂しさだって風景に変えちゃう変えちゃう
の部分が白眉。デビューしたばかりの子らに与える曲としてはあまりにアダルト、だがそれがいい。

2位 That's the POWER 2.5

使ったタオル@@@@@@@@@@@@@@@@
使ったタオル@@@@@@@@@@@@@@@@

3位 世界一HAPPYな女の子 2.0

楽曲もダンスも完璧すぎるでしょこれ。
足も含めてフリコピするスペースがあれば楽しくって楽しくって楽しすぎる!

4位 JUMP 1.5

あれ、これノミネートリスト間違ってますよ。JAUPでしょ?←
何年かぶりにハロコンで聴いたらサビマサイ(でいいのかな?跳ぶ)曲になってて、こんだけ定着した曲でもまだ変化する余地があるんだなーと思った記憶。

5位 ★憧れ My STAR★ 1.0

超WONDERFUL!しかり、アルバム表題曲になるからには
それなりの理由があるんだなと感嘆せしめる名曲。
サビでクイっとひねるダンスがいい(伝われ)


アルバム部門

1位 キューティークイーン VOL.1 3.0
なんでも初物が良いとはよく言ったものだけど
10年経っても新鮮で色褪せない名盤。

2位 超WONDERFUL!⑥ 2.0

盛り上がり曲も魅せる曲も楽しい曲も可愛い曲も揃っていて
過去・現在・未来をつなぐ1枚。

3位 ④憧れ My STAR 1.0
まず表題曲がめちゃめちゃ良い。
他の収録曲もテンションが高く、でもキュートで愛らしさも感じさせる粒ぞろい。

推しメン部門
鈴木愛理
完璧すぎることなく、ふにゃふにゃで隙があるところも含めてtheパーフェクトアイドル。センターであること、センターであり続けることの偉大さ。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/15(月) 23:08:48|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決定!ももちアワード'19 〜嗣永桃子卒業記念スペシャル〜 開催のお知らせ

おことわり
この催しはハロプロ楽曲大賞とは一切関係ありません。
私、ハンドルネーム:小判こと小林 正徳が個人的に開催するものです。

概要
2017/06/30にハロー!プロジェクトを卒業される嗣永桃子さん、
その15年の軌跡を振り返り、懐かしみ愛おしむことを目的としています。
アワードとついていますが、投票による優劣を決めることは重視していません。
(後述する詳細を読んでいただければわかると思います)

開催予定
2017/07/01~2018/03/31 準備期間
2018/04/01~12/31 投票期間
2019/04/01 結果発表イベント開催(横浜アリーナを予定)

メイン企画
決定!ももちアワード'19
ももちに関するニッチな事柄の投票を行い、結果を発表します。
どのような項目を予定しているかは以下に記します。
ルールとしては、投票の際に20~500文字の選評を添えること。
投票の多寡ではなく、思い出の共有を目的としているため、選評を必須とします。

投票項目
・楽曲部門
ももちが関わった楽曲の中から好きなものに投票してください。ただし「ももち♡許してにゃん体操の『ちょっぴりセンチで許してにゃん』」「愛の弾丸の最後の『始まったこの物語』」のように、単に楽曲だけでなくその中での特に好きな部分を指定することとします。

・MV部門
楽曲部門と同じく好きな場面まで指定します。Promotion edit.ではなく完全版MVからチョイスすると通な感じが出るかもっ。かもっ。

・MC/発言部門
過去のMCなどで自分が印象に残っている部分を投票してください。映像がDVDに残っているものは確認できますが、そうでないものについてはみなさんの記憶の迷路から呼び覚ましてください。

・コンサート/ライブ部門
過去のコンサート/ライブの中で自分が一番好きなものを投票してください。開催日時をオプションで投票可能とします。全体の構成が好きでもいいし、含まれているこの曲がともかく好きという理由でも構いません。

・イベント部門
過去のイベントの中で自分が一番好きなものを投票してください。コーナーが面白かったでもいいし、衣装が可愛かったでもいいし、抽選で俺が当たったからという理由でも構いません。

・演劇部門
過去の演劇の中で自分が一番好きなものを投票してください。どうせ三億円少女かサンクユーベリーベリーだろって?

・番組部門
過去のテレビ番組・ラジオ番組・ネット番組などの中で自分が一番印象に残っているものを投票してください。
Berryz仮面(BS-TBS公開収録版)についてはイベント扱いにするか演劇扱いにするか番組扱いにするか迷うところですねぃ…。

・バスツアー部門
過去に開催されたももちが参加したバスツアーのうち、思い出に刻まれているものを投票してください。原則として、自分が実際に参加したものの中から投票することとします。

・写真集部門
過去に発売された写真集(各未公開部分を含む)のうち、最高の1カットを投票してください。写真集本誌の○ページ、FLASH先行収録の○ページ、デジタルブックスの○週目○ページ、といった指定の仕方になると思います。みんな大好きチュッとかもありとします。

・生写真部門
過去に発売された生写真のうち、最高の1枚を投票してください。なおアンオフィ露店写真は含まず、オフィシャル写真に限ることとします。

・アーティスト写真部門
過去のアーティスト写真の中で好きなものを投票してください。モモアタック25の予習にもなるかも。

・DVDマガジンなど部門
過去に発売されたDVDマガジンの中で自分が好きなものを投票してください。なお、富士山登山DVDなど、厳密にはDVDマガジンでなくてもそれっぽいモノで、上記各部門に当てはまらないものはこちらに投票可能とします。

・カップリング部門
好きなカップリングを語ってください。ちなもも、フォーエバーズ、永永コンビ、ビジネスパートナーなどいろいろな呼び方がある場合でも、集計時には便宜上嗣永x徳永に合算することとします。なお、この部門だけ選評の最大文字数を2000字とします。思いのたけをぶつけてください。

・ブログ部門
もしも印象に残っているブログがあれば投票してください。Serendも含めたいところですがもうデータが残ってませんしねぇ…。

・ゴールデンラズベリーズ賞部門
あなたが「最悪」と思ったものを投票してください。どのカテゴリのものでも自由です。握手会の流しの速さ?チェキ会のももちとの距離?そんなことでもいいですよ←

・マイベスト部門
なんでも自由です。『ももち飼いたいと思った瞬間』でも『俺だけが気づいた嗣永ベストショット』でもなんでも構いません。上記部門に収まらない内容を自由に書いてください。自由だー!(byキー坊)

サブ企画
ヲタアタック25
ももちカルトクイズ大会を開催します。ルールはアタック25とだいたい同じです。

ももちどっち?国民投票
コールはももち派?ももこ派?ももち結びはあり?なし?など、2択で簡単に答えられる問題について投票します。こちらは登録なども不要で匿名の気軽に投票できる企画となります。

同時じゃない多発実況
ニコ動でDVDなどの実況をします。DVD自体の映像は著作権的にアレなんで、いっせーので各自DVDを再生しながらコメント用の動画にコメントしていきます。ニコ動なのでばらばらに実況しても後から見たら一緒に実況してる感じになるはずです。
コメント用には内容を文字で簡易的に書き起こした動画を用意するので、DVD持ってない人でもそれなりに参加できるといいなって思います。

今どこ?
今どこの現場で誰を推してるか正直に語ってもらいます。嘘発見器と人狼ゲームを絡めた新感覚のパーティーゲーム。

やきそばランド
会場内フードコートです。都合がつけば京寿々のくろっき料理長にも出店してほしいですね。

最後に
今のところ、私ひとりのマンパワーで実施するため準備期間が必要で
また広く投票を募るため投票期間に関してもかなり長く設けています。
そのため実施が2019年、ワンナインとなってしまう予定ですが、嘘は言わんないんで信じてください。
  1. 2017/04/01(土) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/17 山形昼MC①森戸:ちぃちゃんのオススメ注目ポイント

今日のちぃちゃんのMC、ももちが思わず「ばかやろう!」と言ってしまうほどSLネタバレしまくりでしたが、明日の郡山参戦する人は知っていた方が楽しめると思うのでレポしまーす

ネタバレOKな人のみこの先読んでね
[12/17 山形昼MC①森戸:ちぃちゃんのオススメ注目ポイント]の続きを読む
  1. 2016/12/17(土) 23:29:36|
  2. MC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#ハロプロ楽曲大賞 '16のこと。

※動画とか後で付け足す

楽曲部門
1位 Juice=Juice Next is you!/NEXT YOU 3.0
サビの振り付けで流れの中自然に跳ぶ箇所がある、その跳び具合で今日のメンバーの気合いがわかる。
そして、N・E・X・T・Uの飾りマイクを利用した決めポーズ。
メロの歌い終わりのチャ、チャンという合いの手?みたいな動作。
どれも俺のツボをしっかりと押さえてて楽しさしかない。
やっぱつんく♂やなー!

2位 アンジュルム 糸島Distance/アンジュルム 2.5
好いとうと!好いとうと!のリフレインが脳裏から離れない。
攻め攻めロック路線も良いんだけど、こういう曲を情感たっぷりに歌いこなせるところもまた、アンジュルムの魅力だと思う。

3位 チャオ ベッラ チンクエッティ キャモン! ~主役は私だ! (お前もな!)~/チャオ ベッラ チンクエッティ 2.0
チャオベラの癒し系最年長、もろりんのソロ曲。一言で表すなら爆弾。どちらかと言えば歌については脇役的立ち位置で支えることが多かった彼女が、センターでババーンと前に出してハジケた姿を見せたシャーク諸塚。おそらくその流れを受けつつも、もっとわかりやすく正統派アイドルっぽい感じで(?)結実させたのがこの曲であるような気がする。もろりんがセンターに立ち、ラップを始めた時点でフロアの温度が4℃上がる。

4位 サンクユーベリーベリー おなかぺこえもん/小片リサ、新沼希空、谷本安美 1.5
Berryz工房版でパワー茄子ミートという聴き取れないパスタのメニュー(※塩田さん行きつけのお店で実際にあるメニューらしい)とともに多くの人の脳裏に刻み込まれたパワーワード「おなかぺこえもん」が時を経てノリノリのラップナンバーになって帰ってきた!ぺこぺこえもんぺこえもん!ぺこぺこえもんぺこえもん!

5位 サンクユーベリーベリー 夢見る子どもはいつか知る2/須藤茉麻、浅倉樹々、岸本ゆめの 1.0
Berryz工房版で服部葉子を演じた須藤茉麻。つばきファクトリー版で服部葉子を演じる岸本ゆめの。時を超えて2人の葉子がシンクロするこの瞬間。長雲学子を見守る母性の象徴であり、また須藤葉子が岸本葉子を見守るという点においても温かい気持ちに溢れた場面。

MV部門
1位 カントリー・ガールズ ランラルン ~あなたに夢中~/カントリー・ガールズ 3.5
洋楽に日本語付けて化けさせるの、この事務所の得意技ではあるのだが、その中でも、こうやって思いっきりメルヘンかわいい路線に振り切ってしまったのは大正解。かわいい=カントリー・ガールズであり、カントリー・ガールズ=かわいいであることを端的に証明してくれる。

2位 カントリー・ガールズ どーだっていいの (スマートフォン Edit.)/カントリー・ガールズ 2.0
スマートフォン向けに特化したMV、世間様ではもうちょっと前ぐらいから流行りだしていて、ハロプロもその時代の波に乗っかってみちゃったりしちゃったのかー。という部分は否めないけれど、まぁおもしろい試みではある。
まだスマートフォンで見たことないって人は、是非一度見てみて!

3位 モーニング娘。'16 泡沫サタデーナイト!/モーニング娘。'16 0.5
第2のLOVEマシーンという声もあったけど、個人的にはアジアンセレブレーションっぽさが強い印象。あとリアルタイムで体験した者としては当時のラブマは社会現象だったから。こんなもんじゃなかったから!!
と、さておきMVとしては文字情報の積極的活用に尽きる。決めポーズ、そして残り時間の表示。言ってしまえばバラエティ的なんだけど、MVの印象を強めるという点では成功してると思う。

推しメン部門
カントリー・ガールズ 嗣永桃子
これまで本当にお疲れさまでした。
仔犬ダンという前菜に始まり、カントリー・ガールズというデザートに至るまで、どれも最高で工夫に溢れ観客を飽きさせない三ツ星間違いなしのアイドルのフルコースだった。(まだあと半年あるけどね!)
そのフルコースを作り上げてきたのは、ももち自身のパーソナリティはもちろん土台にはあるけど、人との出逢いだと思う。今年度で言えばやなふなの2人や伊集院光、そしてヒルナンデスの皆さん。アイドル15年やっててもまだ化学変化が起こせる、まだまだ成長できる。

アイドルには賞味期限があるとよく言われる。それはある意味においては否定しきれない現実である。ただ、自分の中の「アイドル」を練り上げそれを継承させていくことで本当の意味での「永遠のアイドル」に手が届くこともまた真なり。これはレトリックではなく純然たる事実としてそう思う、思わせてくれるアイドルが「ももち」である。
  1. 2016/12/10(土) 06:26:10|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#アイドル楽曲大賞 2016のこと。

メジャーアイドル楽曲部門
1位 妄想マシーン3号機/NMB48 [Team BII] 3.0

秋元康お得意の糞みたいな男目線の歌詞(褒めてない)なんだけど
男が圧倒的に尻に敷かれてて、そこがアイドルとヲタクの関係みたいに感じられる。そこまで考えてるかは知らないが。
この曲、メロディがともかく気持ち良くてエンドレスリピートしたくなるし、NMBの絶対的エースみるきーの最後のTeam曲ということでもあり、現行TeamBIIの魅力であるアイドル的可愛らしさが溢れまくってる。
しかし、最大の魅力はBIIの振りつけ担当、日下このみ先生の作ったダンスである。コミカルなマシーン感で、一目見た時から虜になってしまった。公式YouTubeに公開されているShort ver.にダンス部分が含まれていないのは、控えめに言っても失策の極みだと思う。Full ver.のMVかライブ映像だとダンスも楽しめるので、気になる方はぜひ。
あと「ごめんなさい」ってキラーフレーズが入ってる曲に外れなし!!!

2位 虹の作り方/NMB48 [太田夢莉、渋谷凪咲、須藤凜々花、内木志、薮下柊] 2.5

メンバーがストレートフラッシュかよ!ってぐらい強力無比でリクアワも早速1位を獲ったユニット曲。でも、単にメンツがイイってだけじゃなく、曲もダンスもMVもとにかく素晴らしい。"今"の彼女たちだからこそ出せる青春・若さ・躍動感がキラキラキラキラと輝きまくってる。

3位 メロディ/山本彩 2.0

※3:15あたりから
満を持してソロデビューし、シンガーソングライターへの道を歩み始めたさや姉。そんな彼女の1stアルバムから、あえて本人が作っていないこの曲を。本人が作っていない、それなら誰が作詞・作曲したかといえば、あのスガシカオ。これから夢を追いはじめる彼女へのエールとも感じられる温かい歌詞にポップなメロディ。それを歌い上げるのは歌姫山本彩。そりゃ最高さ、最高だよ。

4位 キャモン! ~主役は私だ! (お前もな!)~/チャオ ベッラ チンクエッティ 1.5

チャオベラの癒し系最年長、もろりんのソロ曲。一言で表すなら爆弾。どちらかと言えば歌については脇役的立ち位置で支えることが多かった彼女が、センターでババーンと前に出してハジケた姿を見せたシャーク諸塚。おそらくその流れを受けつつも、もっとわかりやすく正統派アイドルっぽい感じで(?)結実させたのがこの曲であるような気がする。もろりんがセンターに立ち、ラップを始めた時点でフロアの温度が3℃上がる。

5位 右足エビデンス/藤田奈那 1.0

じゃんけん大会の結果ばかりが話題にのぼるけれど、そのご褒美であるはずのCDについてはそんなに宣伝されてないよね…。かくいう俺も楽曲大賞のノミネート見直してて、あ、この曲あったなーと思ったぐらいで。
とはいっても当代トップクラス(たぶん、おそらく、きっと)のスタッフが一人の、一曲のためだけに頑張ったらやっぱり良い物はできるよね。エロかっこいい楽曲にダンス、どれも一級品。

インディーズ/地方アイドル楽曲部門
1位 星祭りの夜 君を殺しに行く/STARMARIE 3.0

※Amazonで試聴可能(Primeなら聴き放題)
「おっさん それが恋っていうんだぜ」という殺傷性抜群のフレーズ。なんとなくだけど、これがハマるのって今の5人のSTARMARIEだからなんじゃないかなって気がする。ポップでキャッチーなダークファンタジー、それもちょっといいじゃないの。

2位 新宿は信用できない/生ハムと焼うどん 2.5

11月の頭ぐらいに暇でKawaiianTV流し見してたら、たまたま生ハムと焼うどんの番組やってて。あーこれが噂のと思って見始めたぐらいのド新規在宅系なんだけど、この曲はYouTubeで見てすげぇパワフルさを感じたので。

3位 νポラリスAb/まなみのりさ 2.0

回る回るヽ(゚∀゚)ノハイ!(∀゚ ノ)ハイ!(゚ ノ)ハイ!ヽ( )ノハイ!(ヽ ゚)ハイ!(ヽ ゚∀)ハイ!ヽ(゚∀゚)ノ
回る回るヽ(゚∀゚)ノハイ!(ヽ ゚∀)ハイ!(ヽ ゚)ハイ!ヽ( )ノハイ!(゚ ノ)ハイ!(∀゚ ノ)ハイ!ヽ(゚∀゚)ノ
回る回るヽ(゚∀゚)ノハイ!(∀゚ ノ)ハイ!(゚ ノ)ハイ!ヽ( )ノハイ!(ヽ ゚)ハイ!(ヽ ゚∀)ハイ!ヽ(゚∀゚)ノ
回る回るヽ(゚∀゚)ノハイ!(ヽ ゚∀)ハイ!(ヽ ゚)ハイ!ヽ( )ノハイ!(゚ ノ)ハイ!(∀゚ ノ)ハイ!ヽ(゚∀゚)ノ

4位 君という仮説/アップアップガールズ(仮) 1.5

アップテンポでノリノリにアゲていく曲ばかりでなく
ちょっと毛並みが違う、こういうアンセム的な曲が欲しかったなというところ。限定じゃんけんで言えばグーばかり集めてた感じあるからね。そういう戦略なのはわかる。なのでこういう曲もちゃんと出してきますよってのは良きことかな。
でも武道館への“ストーリー”とかは個人的にはそんなに前面に出してこなくてもよかったかなーという気がする。そういうのを意識してない楽曲が幾星霜を重ねて否が応でも何かを帯びて、背負っていくのが本当の伝説の一曲だと思うんだよねー

5位 魔力が消える! ~I'll deal with the DEVIL~/STARMARIE 1.0

歌詞はyusuke.tワールドだし、楽曲も聴かせる感じで良くて
ワンマンライブのタイトルに冠するに値するだけの名曲ではある。
ではあるんだけども、ステージでのパフォーマンスがね…。振りつけなしで5人がそれぞれ歌い上げる構成。そこが俺的には残念だなーということでこの順位。

アルバム部門
1位 『Mai Kotone the BEST』/小桃音まい 4.0

神曲が多すぎる。

ソロとしての活動を終了したまいにゃ。
数々の現場で伝説を残した珠玉の名曲たちがここに。
Dreamscape☆に始まり、Masterpiece→ラグランジュ☆ポイント→Magic Kissも →BANG BANG 鼓笛サンバ→なのです☆→オレンジ→…
なんですかこの凄まじいSL!沸くしかないやろ!

2位 『Alive 4 U!!!!』/チャオ ベッラ チンクエッティ 1.0

ようやく音源化されたかーというライブ定番曲がちらほら。
THE ポッシボーとして、チャオ ベッラ チンクエッティとして
幾多の山を越え谷を越えそれでも歩み続けてきたから
今こうしてこれらの曲に出会えたと思うと感慨深いものはあるね。

3位 『Rainbow』/山本彩 1.0

1回聴いたらNMB48ともAKB48とも違う楽曲の傾向にあれっと感じ
2回聴いたらそのタイトル通り様々な色彩に溢れる楽曲の良さが味わえるようになり
3回聴いたらもう虜。1曲1曲、1フレーズ1フレーズ、1音1音に込められたアーティスト山本彩の魂に震わされる。

デビューアルバムにして最高傑作、などとも称されるが
いやいやまだまだこんなもんじゃないでしょ。来年以降もさらなる山本彩を期待してます。

推し箱部門
NMB48
推し箱は去年と同じなんだけど意味合いはだいぶ違ってて。
在宅でもいろいろ見られるものがあって充分楽しめる♪みたいなことを書いたんだが、1年経ってもそれは正しい。SHOWROOMが解禁されてメンバー独自の生配信が乱れ飛ぶ現在においてもやはり、笑いの職人吉本興業肝煎りのYNNやKawaiianTVの番組は格が違うし、OHAOHAアニキという俺得でしかない東京ローカル番組も始まった。

でも、解ったことがある。
NMBは現場も楽しい!!!ってこと。
一糸乱れぬダンスにはちゃめちゃなMC、愛嬌を振りまきまくるメンバーたち。もっとライブを!もっとコンサートを!!やって欲しい!!!
現場で見てみおりんこと市川美織ちゃんも相当好きになった。
AKBから数えたらキャリアも実年齢も長老クラスなのにエッグ時代のかりんちゃんさんを彷彿とさせる全力ダンス、空回ってても止まらない止まらない暴走MC。好き……。
  1. 2016/11/29(火) 23:18:48|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。