M is for ...

Mで始まる色々なこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#アイドル楽曲大賞 2016のこと。

メジャーアイドル楽曲部門
1位 妄想マシーン3号機/NMB48 [Team BII] 3.0

秋元康お得意の糞みたいな男目線の歌詞(褒めてない)なんだけど
男が圧倒的に尻に敷かれてて、そこがアイドルとヲタクの関係みたいに感じられる。そこまで考えてるかは知らないが。
この曲、メロディがともかく気持ち良くてエンドレスリピートしたくなるし、NMBの絶対的エースみるきーの最後のTeam曲ということでもあり、現行TeamBIIの魅力であるアイドル的可愛らしさが溢れまくってる。
しかし、最大の魅力はBIIの振りつけ担当、日下このみ先生の作ったダンスである。コミカルなマシーン感で、一目見た時から虜になってしまった。公式YouTubeに公開されているShort ver.にダンス部分が含まれていないのは、控えめに言っても失策の極みだと思う。Full ver.のMVかライブ映像だとダンスも楽しめるので、気になる方はぜひ。
あと「ごめんなさい」ってキラーフレーズが入ってる曲に外れなし!!!

2位 虹の作り方/NMB48 [太田夢莉、渋谷凪咲、須藤凜々花、内木志、薮下柊] 2.5

メンバーがストレートフラッシュかよ!ってぐらい強力無比でリクアワも早速1位を獲ったユニット曲。でも、単にメンツがイイってだけじゃなく、曲もダンスもMVもとにかく素晴らしい。"今"の彼女たちだからこそ出せる青春・若さ・躍動感がキラキラキラキラと輝きまくってる。

3位 メロディ/山本彩 2.0

※3:15あたりから
満を持してソロデビューし、シンガーソングライターへの道を歩み始めたさや姉。そんな彼女の1stアルバムから、あえて本人が作っていないこの曲を。本人が作っていない、それなら誰が作詞・作曲したかといえば、あのスガシカオ。これから夢を追いはじめる彼女へのエールとも感じられる温かい歌詞にポップなメロディ。それを歌い上げるのは歌姫山本彩。そりゃ最高さ、最高だよ。

4位 キャモン! ~主役は私だ! (お前もな!)~/チャオ ベッラ チンクエッティ 1.5

チャオベラの癒し系最年長、もろりんのソロ曲。一言で表すなら爆弾。どちらかと言えば歌については脇役的立ち位置で支えることが多かった彼女が、センターでババーンと前に出してハジケた姿を見せたシャーク諸塚。おそらくその流れを受けつつも、もっとわかりやすく正統派アイドルっぽい感じで(?)結実させたのがこの曲であるような気がする。もろりんがセンターに立ち、ラップを始めた時点でフロアの温度が3℃上がる。

5位 右足エビデンス/藤田奈那 1.0

じゃんけん大会の結果ばかりが話題にのぼるけれど、そのご褒美であるはずのCDについてはそんなに宣伝されてないよね…。かくいう俺も楽曲大賞のノミネート見直してて、あ、この曲あったなーと思ったぐらいで。
とはいっても当代トップクラス(たぶん、おそらく、きっと)のスタッフが一人の、一曲のためだけに頑張ったらやっぱり良い物はできるよね。エロかっこいい楽曲にダンス、どれも一級品。

インディーズ/地方アイドル楽曲部門
1位 星祭りの夜 君を殺しに行く/STARMARIE 3.0

※Amazonで試聴可能(Primeなら聴き放題)
「おっさん それが恋っていうんだぜ」という殺傷性抜群のフレーズ。なんとなくだけど、これがハマるのって今の5人のSTARMARIEだからなんじゃないかなって気がする。ポップでキャッチーなダークファンタジー、それもちょっといいじゃないの。

2位 新宿は信用できない/生ハムと焼うどん 2.5

11月の頭ぐらいに暇でKawaiianTV流し見してたら、たまたま生ハムと焼うどんの番組やってて。あーこれが噂のと思って見始めたぐらいのド新規在宅系なんだけど、この曲はYouTubeで見てすげぇパワフルさを感じたので。

3位 νポラリスAb/まなみのりさ 2.0

回る回るヽ(゚∀゚)ノハイ!(∀゚ ノ)ハイ!(゚ ノ)ハイ!ヽ( )ノハイ!(ヽ ゚)ハイ!(ヽ ゚∀)ハイ!ヽ(゚∀゚)ノ
回る回るヽ(゚∀゚)ノハイ!(ヽ ゚∀)ハイ!(ヽ ゚)ハイ!ヽ( )ノハイ!(゚ ノ)ハイ!(∀゚ ノ)ハイ!ヽ(゚∀゚)ノ
回る回るヽ(゚∀゚)ノハイ!(∀゚ ノ)ハイ!(゚ ノ)ハイ!ヽ( )ノハイ!(ヽ ゚)ハイ!(ヽ ゚∀)ハイ!ヽ(゚∀゚)ノ
回る回るヽ(゚∀゚)ノハイ!(ヽ ゚∀)ハイ!(ヽ ゚)ハイ!ヽ( )ノハイ!(゚ ノ)ハイ!(∀゚ ノ)ハイ!ヽ(゚∀゚)ノ

4位 君という仮説/アップアップガールズ(仮) 1.5

アップテンポでノリノリにアゲていく曲ばかりでなく
ちょっと毛並みが違う、こういうアンセム的な曲が欲しかったなというところ。限定じゃんけんで言えばグーばかり集めてた感じあるからね。そういう戦略なのはわかる。なのでこういう曲もちゃんと出してきますよってのは良きことかな。
でも武道館への“ストーリー”とかは個人的にはそんなに前面に出してこなくてもよかったかなーという気がする。そういうのを意識してない楽曲が幾星霜を重ねて否が応でも何かを帯びて、背負っていくのが本当の伝説の一曲だと思うんだよねー

5位 魔力が消える! ~I'll deal with the DEVIL~/STARMARIE 1.0

歌詞はyusuke.tワールドだし、楽曲も聴かせる感じで良くて
ワンマンライブのタイトルに冠するに値するだけの名曲ではある。
ではあるんだけども、ステージでのパフォーマンスがね…。振りつけなしで5人がそれぞれ歌い上げる構成。そこが俺的には残念だなーということでこの順位。

アルバム部門
1位 『Mai Kotone the BEST』/小桃音まい 4.0

神曲が多すぎる。

ソロとしての活動を終了したまいにゃ。
数々の現場で伝説を残した珠玉の名曲たちがここに。
Dreamscape☆に始まり、Masterpiece→ラグランジュ☆ポイント→Magic Kissも →BANG BANG 鼓笛サンバ→なのです☆→オレンジ→…
なんですかこの凄まじいSL!沸くしかないやろ!

2位 『Alive 4 U!!!!』/チャオ ベッラ チンクエッティ 1.0

ようやく音源化されたかーというライブ定番曲がちらほら。
THE ポッシボーとして、チャオ ベッラ チンクエッティとして
幾多の山を越え谷を越えそれでも歩み続けてきたから
今こうしてこれらの曲に出会えたと思うと感慨深いものはあるね。

3位 『Rainbow』/山本彩 1.0

1回聴いたらNMB48ともAKB48とも違う楽曲の傾向にあれっと感じ
2回聴いたらそのタイトル通り様々な色彩に溢れる楽曲の良さが味わえるようになり
3回聴いたらもう虜。1曲1曲、1フレーズ1フレーズ、1音1音に込められたアーティスト山本彩の魂に震わされる。

デビューアルバムにして最高傑作、などとも称されるが
いやいやまだまだこんなもんじゃないでしょ。来年以降もさらなる山本彩を期待してます。

推し箱部門
NMB48
推し箱は去年と同じなんだけど意味合いはだいぶ違ってて。
在宅でもいろいろ見られるものがあって充分楽しめる♪みたいなことを書いたんだが、1年経ってもそれは正しい。SHOWROOMが解禁されてメンバー独自の生配信が乱れ飛ぶ現在においてもやはり、笑いの職人吉本興業肝煎りのYNNやKawaiianTVの番組は格が違うし、OHAOHAアニキという俺得でしかない東京ローカル番組も始まった。

でも、解ったことがある。
NMBは現場も楽しい!!!ってこと。
一糸乱れぬダンスにはちゃめちゃなMC、愛嬌を振りまきまくるメンバーたち。もっとライブを!もっとコンサートを!!やって欲しい!!!
現場で見てみおりんこと市川美織ちゃんも相当好きになった。
AKBから数えたらキャリアも実年齢も長老クラスなのにエッグ時代のかりんちゃんさんを彷彿とさせる全力ダンス、空回ってても止まらない止まらない暴走MC。好き……。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/29(火) 23:18:48|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#ハロプロ楽曲大賞 '16のこと。 | ホーム | Amazon Prime Musicで聴ける #アイドル楽曲大賞 2016>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmmkon.blog98.fc2.com/tb.php/186-d2336e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。